虹は何色?

お問い合わせはこちら

ブログ

虹は何色?

2019/05/08

日本では虹は7色と言われていますが、これが定着したのは明治時代になってからです。虹の色の数は、国や民族によって違います。例えば、アフリカ大陸のリベリアでは虹の数は2色。これは虹をたくさんの色として見分ける習慣がないためです。国や民族によって色の見分け方が異なるため、虹の色も変わるということです。

                                                     <出典『それ日本と逆?シリーズより/学研プラス>

  7色:日本、韓国、オランダなど

  6色:アメリカなど

  5色:中国、ドイツ、フランスなど

  4色:ロシア、東南アジア、アフリカなど

  2色:リベリアなど